【プリンターのインク代を抑えられる】互換インクを使うメリットって

婦人

社内電話の仕組み

ビジネスホンのリース契約の仕組みは単純で、コストを少しずつ支払うことで初期投資を少なくし、最新設備を導入できるという点です。それによって大手企業とも張り合うことが出来るようになるので、コストの高いビジネスホンを導入する際にはリース契約を選びましょう。

インク

気軽にできる3R活動

東芝のトナーは買換えのときに純正品でなくリサイクル品を使うことでコストカットになるばかりか環境に貢献することができます。リサイクル品の品質に不安を感じるかもしれませんが、初期不良率は低く、色味なども書類印刷程度ではまず分かりません。また、品質保証が付いていることがほとんどなので気軽に利用できます。

プリンター

特徴に合わせて選択可能

リコーの複合機はレンタル及び購入、2つのパターンで導入する事が可能です。それぞれに一長一短がある為、どちらが良いという最適なものはありませんが、規模が大きい施設はトナー調達やメンテナンスの手間などが無いレンタルが最適ですし、小規模な施設であれば中古品なども選択出来て経済的な購入が最適と言えます。

プリンターインク

カートリッジ

純正と互換

インクジェットプリンターのインクは通常は純正のインクカートリッジを使用します。ところが純正のインクは価格が高い上にインク消費も早いとされています。そのため、実際にプリンターを使用している方の中には、割に合わないと嘆いている方も多いのではないでしょうか。インク液体は高くはありませんが、インクを入れるタンクやメーカーの研究開発費や人件費を価格に反映させているのでインクカートリッジが高い理由であると言われています。このような高い純正インクを使い続けるよりも価格の安い互換インクの方を使われている方が多いのではないでしょうか。互換インクとはメーカー品ではないインクカートリッジ製品であり、開発においてもしっかりテストを重ねた上で商品販売していますので問題なく使用できます。しかしいくらテストを重ねたからといっても互換インクには変わりがないので、使用した際におけるトラブルなども少なからず確認されています。液漏れや液詰まりなどの不具合もありますし、純正と比べて色の出方が微妙に違ったりというものがあります。それに互換インクを使用したことでプリンター本体が故障を起こしてしまうこともあります。プリンターのメーカーは純正インク使用を推奨していますから互換インクが原因で故障を起こしたことが分かれば修理の際に補償の対象外となります。純正インクは他社に真似されにくいよう技術の枠を込めて作られており、互換インクは完全には真似はできません。そのため多少の不具合や違いが生じても仕方がないのです。互換インクは確かに安いのでこちらを利用したくはなりますが、微妙な違いや補償の点を考慮して使用するようにしましょう。