【プリンターのインク代を抑えられる】互換インクを使うメリットって

特徴に合わせて選択可能

プリンター

事業規模に合わせて選ぼう

リコーは国内最大手の複合機メーカーです。大企業からSOHOまで幅広いビジネスの現場で導入され、業務に欠かせないツールとなっています。そのリコーの複合機は大きく分けて購入とリース、2つの利用の仕方があります。どちらが優れているという事は無く、導入するオフィスの規模や印刷枚数によってどちらの導入方法が優れているかが変わってきます。自社にとって最適な導入方法を選択してお得に利用する様にしましょう。従業員数が100名を超え、月のプリント枚数が数千枚単位になる様なオフィスの場合、自社でトナーなどの消耗品を管理するのも大変ですし、万が一、壊れてしまった際の影響も非常に大きなものになります。この様な大規模なオフィスの場合はトナーの手配から日々のメンテナンス、故障時の対応まで、幅広く面倒見てくれるリース契約がリスクを抑えられ、手間なく便利であると言えます。一方で従業員数が10名程度で月のプリント枚数が400枚から500枚前後のオフィスであれば本体を購入して自社で運用していく方が経済的と言えるでしょう。トナーも月に1回程度の交換であれば調達に困る事はありませんし、壊れた際も印刷頻度が低ければ影響も少ないと言えます。また、リコーの様な最大手メーカーであれば、商品が数多く流通している為、中古での取り扱いも多いですし、トナーも各所で取り扱われています。更にリコーの純正品以外にもリサイクルトナーなども流通しているので中古に抵抗さえなければ、格段に安く複合機を導入する事が出来るのです。